エリスロマイシンの添付文書

一般名 エリスロマイシンラクトビオン酸塩注射用 英名 Erythrocin
剤形 注射用    
規格 500mg1瓶 メーカー アボット ジャパン
毒劇区分    
効能・効果 (外傷、熱傷、手術創)の二次感染、(ジフテリア、肺炎)
使用制限等
1. 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、ピモジド投与中、エルゴタミン含有製剤投与中 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
2. 肝機能障害、心疾患 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 慎重投与
副作用等
1. 心室頻拍、Torsades de Pointes 記載場所: 用法・用量
頻度: 頻度不明
2. 急性腎不全、急性間質性腎炎 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
3. 偽膜性大腸炎、血便、重篤な大腸炎、腹痛、頻回の下痢、心室頻拍、Torsades de Pointes、心室細動、QT延長、ショック、アナフィラキシー様症状、呼吸困難、胸内苦悶、血圧低下、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症、Lyell症候群、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、肝機能障害、黄疸 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
4. 過敏症、発疹、蕁麻疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛、下痢、膵炎、難聴 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明
5. QT延長、心室頻拍、Torsades de Pointes、肥厚性幽門狭窄、嘔吐、血管痛、血栓、静脈炎、重症筋無力症悪化 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
相互作用
1. 薬剤名等: エルゴタミン含有製剤 発現事象: 血中濃度が上昇し四肢の虚血・血管攣縮
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 禁止
2. 薬剤名等: ピモジド 発現事象: 類薬クラリスロマイシンとの併用によりピモジドの血中濃度が上昇、QT延長、心室性不整脈<Torsades de Pointesを含む>
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 禁止
3. 薬剤名等: ジソピラミド 発現事象: 血中濃度上昇、QT延長、心室性不整脈<Torsades de Pointesを含む>
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
4. 薬剤名等: キニジン硫酸塩水和物 発現事象: 血中濃度上昇、QT延長、心室性不整脈<Torsades de Pointesを含む>
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
5. 薬剤名等: テオフィリン 発現事象: 血中濃度上昇に伴う悪心・嘔吐・不整脈・痙攣
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
6. 薬剤名等: アミノフィリン水和物 発現事象: 血中濃度上昇に伴う悪心・嘔吐・不整脈・痙攣
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
7. 薬剤名等: コリンテオフィリン 発現事象: 血中濃度上昇に伴う悪心・嘔吐・不整脈・痙攣
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
8. 薬剤名等: シクロスポリン 発現事象: 血中濃度上昇に伴う腎障害
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
9. 薬剤名等: タクロリムス水和物 発現事象: 血中濃度上昇に伴う腎障害
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
10. 薬剤名等: ワルファリンカリウム 発現事象: 血中濃度上昇に伴う出血傾向・プロトロンビン時間延長
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
11. 薬剤名等: イリノテカン塩酸塩水和物 発現事象: 活性代謝物の血中濃度上昇に伴う骨髄機能抑制・下痢等の副作用を増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
12. 薬剤名等: ビンブラスチン硫酸塩 発現事象: 血中濃度上昇に伴う好中球減少・筋肉痛
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
13. 薬剤名等: バルプロ酸ナトリウム 発現事象: 血中濃度上昇に伴う傾眠・運動失調
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
14. 薬剤名等: フェロジピン 発現事象: 血中濃度上昇に伴う降圧作用の増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
15. 薬剤名等: ベラパミル塩酸塩 発現事象: 血圧低下、乳酸アシドーシス、徐脈性不整脈
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
16. 薬剤名等: ミダゾラム 発現事象: 血中濃度上昇に伴う鎮静作用の増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
17. 薬剤名等: トリアゾラム 発現事象: 血中濃度上昇に伴う鎮静作用の増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
18. 薬剤名等: カルバマゼピン 発現事象: 血中濃度上昇に伴う眩暈・運動失調
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
19. 薬剤名等: コルヒチン 発現事象: 血中濃度上昇に伴う下痢・腹痛・発熱・筋肉痛・汎血球減少・呼吸困難
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
20. 薬剤名等: ブロモクリプチンメシル酸塩 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
21. 薬剤名等: ドセタキセル水和物 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
22. 薬剤名等: パクリタキセル 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
23. 薬剤名等: セレギリン塩酸塩 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
24. 薬剤名等: シルデナフィルクエン酸塩 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
25. 薬剤名等: バルデナフィル塩酸塩水和物 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
26. 薬剤名等: タダラフィル 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
27. 薬剤名等: シロスタゾール 発現事象: 血中濃度を上昇
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
28. 薬剤名等: 副腎皮質ホルモン剤 発現事象: 消失半減期が延長
理由・原因: 本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
29. 薬剤名等: ジゴキシン<経口> 発現事象: 作用増強による嘔気・嘔吐・不整脈等の中毒症状
理由・原因: 本剤の腸内細菌叢への影響により、ジゴキシンの代謝が抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
30. 薬剤名等: シメチジン 発現事象: 本剤の血中濃度上昇に伴う難聴
理由・原因: これらの薬剤のCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が抑制
投与条件:
指示: 慎重投与
31. 薬剤名等: シンバスタチン 発現事象: 血中濃度を上昇、類薬<ロバスタチン>との併用によりCK<CPK>上昇、類薬<ロバスタチン>との併用により急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、類薬<ロバスタチン>との併用により筋肉痛、類薬<ロバスタチン>との併用により血中及び尿中ミオグロビン上昇、類薬<ロバスタチン>との併用により脱力感
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
32. 薬剤名等: アトルバスタチンカルシウム水和物 発現事象: 血中濃度を上昇、類薬<ロバスタチン>との併用によりCK<CPK>上昇、類薬<ロバスタチン>との併用により急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、類薬<ロバスタチン>との併用により筋肉痛、類薬<ロバスタチン>との併用により血中及び尿中ミオグロビン上昇、類薬<ロバスタチン>との併用により脱力感
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
33. 薬剤名等: ピタバスタチンカルシウム 発現事象: 血中濃度を上昇、類薬<ロバスタチン>との併用によりCK<CPK>上昇、類薬<ロバスタチン>との併用により急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、類薬<ロバスタチン>との併用により筋肉痛、類薬<ロバスタチン>との併用により血中及び尿中ミオグロビン上昇、類薬<ロバスタチン>との併用により脱力感
理由・原因: 本剤がピタバスタチンの肝臓への取り込みを阻害
投与条件:
指示: 注意
34. 薬剤名等: ブロナンセリン 発現事象: 血中濃度が上昇し作用が増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
35. 薬剤名等: エプレレノン 発現事象: 血中濃度が上昇し作用が増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
36. 薬剤名等: エレトリプタン臭化水素酸塩 発現事象: 血中濃度が上昇し作用が増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
37. 薬剤名等: エベロリムス 発現事象: 血中濃度が上昇し作用が増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
38. 薬剤名等: サキナビルメシル酸塩 発現事象: 血中濃度が上昇し作用が増強
理由・原因: 本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
39. 薬剤名等: エバスチン 発現事象: 代謝物カレバスチンの血中濃度が上昇
理由・原因: 本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制
投与条件:
指示: 注意
40. 薬剤名等: ザフィルルカスト 発現事象: 血中濃度が低下
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
41. 薬剤名等: リトナビル 発現事象: 本剤のAUCが上昇
理由・原因: これらの薬剤のCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が抑制
投与条件:
指示: 注意