勃起のメカニズム

勃起はセックスのために生殖器が硬く大きく隆起する状態のことであり、人間を含む哺乳類はもちろんのこと、一部の魚類や爬虫類にも見られる。 「サルはオナニーを覚えると死ぬまでやめない」という都市伝説があるが、実は快感を得られるセックスは人間だけの特権だったりする。

 

勃起には2種類あり、1つは心理的な刺激による「中枢性勃起」である。

中枢性勃起は視覚、触覚、聴覚、味覚、嗅覚、想像などによって脳が性的な興奮を起こし、脊髄にある勃起中枢に「勃起せよ!」という命令を下すことで発現する。

もう1つは物理的な刺激によって勃起する「反射性勃起」である。

物理的な刺激を受けることで反射的に「海綿体」に血液が流れ込むことで発現する。

そして勃起の発現には神経や血管の働きに加え、様々な物質の放出が関わってくる。

陰茎には左右一対の陰茎海綿体と、その下に1本の尿道海綿体が通っているが、勃起に関与するのは陰茎海綿体のみであり、海綿体は細い血管が無数に張り巡らされたスポンジのような状態で、その周囲は「白膜」に覆われており、平常時は、陰茎海綿体につながる血管や平滑筋(不随意筋の一種で緊張の保持と収縮を司る筋肉)は収縮した状態で、毛細血管を通じて、海綿体組織に栄養や酸素を運ぶのみとなっている。

前述のように脳から「勃起せよ!」という命令を受けた勃起中枢は、「命令を受けた」という信号を脊髄神経に返し、脊髄神経は体内で一酸化窒素の生成を開始する。

一酸化窒素が体内に放出されると、勃起にもっとも関わる血管である「陰茎深動脈」と、水道で言うところのバルブにあたる「螺行動脈」が開く。

さらに海綿体の平滑筋が弛緩することによって一気に海綿体の無数に張り巡らされた細い血管に血液が流れ込み、その血圧によって海綿体は硬く大きくなる。

十分に血液が流れ込んで海綿体を覆う白膜がパンパンに膨張すると静脈が圧迫され、流れこんだ血流がせき止められたような状態となり、勃起が維持されるのである。

勃起を引き起こす体内分泌 ~バイアグラ、シアリス、レビトラの働き~

上記の「海綿体の平滑筋が弛緩」の役割を果たす物質が体内で生成される天然の血管拡張剤「cGMP(グアノシン一リン酸)」である。

プロセスを整理すると

  1. 脳が命令を出す
  2. 一酸化窒素が血流を送り込む
  3. そしてサイクリックGMPが血流をせき止める

となる。

しかし、陰茎海綿体には防衛本能が備わっていて、cGMPを分解してしまう「PDE(ホスホジエステラーゼ)5」という酵素が豊富に存在している。

人体組織というのは非常にもろく、血流が滞って酸素の供給が鈍くなると細胞が壊死してしまうのである。 例えば腕などの部位であっても、きつく縛り上げると5分で温度は下がり、15分で痺れはじめ、1時間後には細胞壊死が始まり、6時間経てば末端は死滅してしまうのだ。

特に陰茎の場合は海綿体という筋肉とは違う組織のため、更にデリケートであるがゆえに防衛本能が備わっており、性的興奮が収まった時や射精後に萎えるのもPDE5の働きである。

PDE5が増えてしまう理由は「加齢」のせい、「精神的ストレス」のせいなど幾つかの説があるが、このPDE5の生成を抑えcGMPを増やすのがシルデナフィル(バイアグラの主成分)、タダラフィル(シアリスの主成分)、バルデナフィル(レビトラの主成分)の薬理なのである。

「朝立ち」とは?

患者さんから「EDと朝立ちの因果関係」について尋ねられることがある。 「EDだけど朝立ちはするのはなぜだろうか?」「朝立ちはするからEDではないのでは?」といった趣旨である。

結論から言うと「EDと朝立ちの因果関係」は現在のところ証明はされていない。

睡眠には深く身体が休んで夢を見ない「ノンレム睡眠」と大脳は起きていて夢を見る「レム睡眠」に大別されるが、朝立ちはこのレム睡眠時に起きている。 レム睡眠は大脳のデフラグ(記憶を整理する)時間とされており、この整理の作業において様々な神経が刺激を受け、「勃起せよ!」という命令の再現をしてしまっている場合や、リラックス状態である副交感神経が優位になった際に勃起中枢も誘発される場合などがある。

こういった性的興奮や性的刺激なくくて発現した勃起が収まる前に目が覚めてしまった状態が「朝立ち」なのである。

なんかおかしい… そう感じたら厚生クリニックにご相談

正常な勃起が起こるには

  1. 脳からの命令
  2. 一酸化窒素の生成
  3. 平滑筋の弛緩
  4. cGMPの増加
  5. 動脈の拡張
  6. PDE5の抑制
  7. 静脈の圧迫

と7ステップがあり、どれか一つに何らかの問題が発生するだけでEDの症状が発現してしまうということになる。

EDのきっかけとして最も多いのが動脈硬化であるが、糖尿病などの生活習慣病が関わっている場合も多い。

性的興奮や性的刺激があっても勃起しない、勃起したとしても維持できないなどの自覚があれば、ぜひ一度当院に相談いただきたい。

ED治療薬バイアグラ、シアリス、レビトラで満足のいく勃起を提供