老婆心からの提言かもしれませんが

Q. 貴院の診療内容とは関係のないことですが・・・

かれこれ5年くらい貴院を愛用させてもらってるTですが、直接言うほどのことでもないと思いメールさせてもらいます。

先日、貴院のホームページを知人らと見ていて気になったことがあります。 それは貴院ホームページ上で中国を中共国と表記していることです。

私は特に気にも留めていなかったのですが、一緒に閲覧していた知人の一人が「ここって極右組織とかじゃないか?大丈夫なのか?」と不安げでした。

ひょっとしたら老婆心からの提言かもしれませんが、色んな思想や色んな考え方の人がいるので、偏向主義的に捉えられる表記は避けたほうが良いのではないかと思います。

診療内容とは無関係な内容ですいません。

A. 気まずい思いをさせ、申し訳ない

Tさん、ご心配いただき痛み入る
当サイトのせいで気まずい思いをさせてしまったならば申し訳なく思う

ご存知のことと思うが、中国という表記は誤解を生じやすく、105年前に樹立した中華民国も、68年前に樹立した中華人民共和国も、200年以上前からベトナムの正当国家だと主張するグェン元王家も、それぞれ中国を自称し、我が国も日本書紀において中国(なかつくに)と自称していた
一方、1,313年前から現在の鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県を中国と呼び、現在でも地域名として行政でも民間でも用いられている

民主主義の原則に従うならば、早いもの順ということになるであろうと考え、国内地域としての中国を「中国」、中華民国を「台湾」、中国共産党(略称:中共)によって統治されている中華人民共和国を「中共国」と呼ぶべきと考え、グェン旧王家は正式な国家ではないので割愛している