EDと包茎について

EDと包茎の関連性

世界一有名な包茎像

世界一有名な包茎像

包茎についての説明は不要であろう

ただ、包茎は当事者にとって大きなコンプレックスであり、それだけでセックスに対して消極的になってしまう要因でもある

一見すると何の関連性もない「EDと包茎」であるが、包茎の「物理的な要因」や「心理的な要因」、もしくはその両方によってEDを患ってしまうケースは決して少なくない

EDを引き起こす包茎の「物理的要因」

我々、日本人の80%を占める仮性包茎は、容易にムクことが可能なため、セックスにおいてディスアドバンテージになることはほぼ皆無である

よってEDを引き起こす物理的要因をはらんでいるのは「真性包茎」ならびに「カントン包茎」である

「真性包茎」も「カントン包茎」も包皮が勃起の妨げとなる場合がある

「真性包茎」の場合、包皮にある程度の余裕が有る場合は十分な勃起に対しても包皮の突っ張りがなく大きな障害にはなり得ないのだが、包皮が平常時程度の長さしかない場合、勃起時の長さについて来れず痛みを伴う
特に包皮に覆われたままの亀頭は非常に敏感で、痛みに対しても強くないことも要因の一つであろう

「カントン包茎」の場合、セックス中に不意に包皮が剥けてしまい、包皮に守られていた亀頭が急に露出し、包皮が敏感な亀頭を締め上げてしまう痛みでセックスを続けられないケースが多い。 最悪の場合、救急搬送の上で緊急手術となってしまうケースも少なくない

快感であるべきセックスが、包茎という物理的要因によって苦痛にしかならないわけである

EDを引き起こす包茎の「心理的要因」

過去に包茎手術だけを専門に行う美容クリニックが多数存在し、「包茎は不潔」「包茎が臭う」「包茎は嫌われる」「モテる男はみんな包茎手術や亀頭増大手術を受けている」などといった過剰広告が多数あった影響で、仮性包茎であっても強いコンプレックスを抱えてしまったという者は多い

更にはこれらの過大広告により、「裸になるのが怖い」「笑われるじゃないか」といった不安が生まれ、その不安からEDを引き起こすことも少なくはない

勃起時のサイズ」にも記載したが、実のところ相当にマニアックな女性でない限り、セックスの相手たる男性のサイズはもちろんのこと形状などほとんど気にしていないし、覚えてもいない

これは男女の価値観の違いなのだが、例えば右のクルマを見て貰いたい

女性から見れば上も下も同じシルバーのオープンカー 女性にとってはどちらも同じシルバーのオープンカー

女性から見れば上も下も同じシルバーのオープンカー 女性にとってはどちらも同じシルバーのオープンカー

おそらく男であれば上がポルシェで下がトヨタだということくらいは分かるであろうし、スポーツカーとしての価値の違いも十分に理解できるであろう

しかし、ほとんどの女性はどちらも同じ「シルバーのオープンカー」であり、気付ける違いは左ハンドルか右ハンドルか程度であろう

新車価格で890万円と220万円の違いなど、女性にとっては気にならない「どうでもよいこと」なのである

 

そうは言っても一度根付いてしまったコンプレックスは簡単には払拭できない

そこで提案したいのがバイアグラシアリスレビトラといったED治療薬を試してみることである

反復になってしまうが、女性はサイズや形などは気にしていない反面、「ED治療のページ」にも記載してあるように、女性73%の「好みのタイプ」は硬さなのである

ED治療薬の服用によって得られる硬さは、患者さんの言葉を借りるならば「思春期レベル」の硬度

これが自信につながる

さらに十分に硬くなると仮性包茎の「包皮戻り」が少なくなるのだが、包皮戻りが少ないと摩擦面積が広くなり、結果的に女性は快感を得やすいというレポートもあるので、コンプレックスなど一瞬にしてかき消すことが可能であろう

包茎やサイズなどがコンプレックスとなってセックスに結局的になれないという方は騙されたと思ってバイアグラやシアリス、レビトラを試していただきたい

なお、当院は内科の医療機関のため、外科手術に相当する「男性器形成術(いわゆる包茎手術)」は行っていないが、提携の美容外科にて手術の受診も可能なので、気兼ねなく相談していただきたい