「勃起薬トップ3の効果と感度」を30代カップルがガチで大調査!

最近は偽造ED治療薬のニュースばかりで語弊はあるかもしれないが、面白みに欠けていた

今日紹介するのは週刊SPA!の記事なのだが、非常に興味深い

と言うのも、我々がED治療薬の院内処方において使用感を聞けるのは もっぱら男性のみであり、パートナーの感想を男性患者さん越しに聞くことはあっても、女性の感想を直接聞く機会は皆無なのだ

末文に「調査結果はと採点は服用者の主観に基づくものです」と明記されており、記事の内容の信憑性は分からないが、バイアグラシートとレビトラ錠、シアリス錠をシチュエーションやタイミングで使い分けたいという患者さんも多いので、一つの参考にしていただけたらと思い、ここに紹介する

週刊SPA!2017年6月27日号男根ケアなくして勃起なし。衰え始めた愚息を見つめながら嘆いても事態は悪化していくばかりだ。

勃ちが悪い時にふと思い立つのが「勃起薬」の存在。バイアグラ、レビトラ、シアリスと3タイプがあるが、副作用や持続力などそれぞれ違いがあるという。そこで、30代カップルに3つの勃起薬を実際に体験してもらい、それぞれの効果と感度を大調査。10点満点で採点をしてもらった。

【体験者】鉾木雄哉さん&石田亜紀さん
37歳&31歳のカップル。付き合って3年目、プチセックスレス2年目。仕事が忙しくなるとややED気味になるのが最近の悩み

くどいようだが、末文に「調査結果はと採点は服用者の主観に基づくものです」と明記されており、記事の内容の信憑性は分からないという前提で読み進めていただきたい

●バイアグラ

「彼の興奮を見てわたしも興奮」(亜紀さん)
待ち合わせして腕を組んだら、もう勃ってるのを発見。何もしなくてもガチガチ。硬さがあると、自分を求められている、自分に興奮してくれているように感じて嬉しい。いつもよりたくさんイっちゃったのが、恥ずかしい(9点)

「高校生みたいな勃ち方に驚き!」(雄哉さん)
半信半疑で飲んでみたが、ラブホへ向かう途中でMAX勃起。ポケットから手を入れてチンコのテントをたたもうとしても、ビクともしない。パンパンに膨れてツヤを放つ亀頭を見たのは、 高校生の頃以来。2時間で2発射(10点)

ED治療薬を服用したことがある患者さんなら重々ご存知のことだが、バイアグラを服用したからと言って「腕を組んだら、もう勃ってる」との言は些か大げさな気もする
雄哉氏が初めてバイアグラを服用したのであれば「今バイアグラを服用してるんだ」という興奮があったのかもしれない

●レビトラ

「顔が真っ赤に……でも、硬さは超◎!」(亜紀さん)
怖いくらい彼の顔が火照っていて心配したけど、チンチンの硬さは物凄かった。子宮口に木の杭を打ち込まれているような衝撃がとてもよかったです。騎乗位だと彼は萎えがちだけど、チンコの根っこも茎もガチガチで嬉しかった(7点)

「ものすごい勃起力も集中できず苦戦」(雄哉さん)
ふだんの勃起時よりも長さと太さが2割増し程度になっている印象。ピストンで腰を引いた際、いつもなら抜けるはずのストロークなのに抜けないのは感動的。発汗と顔の火照りが怖くなり、SEXに完全には集中できなかった(4点)

当院の人気NO.1であるレビトラは、バイアグラと比較して副作用が少ないのに効果が高いのが人気の所以である
最も副作用が出にくいレビトラで事さらに副作用を強調してるのは意図的な印象を受けざるを得ない

●シアリス

「本当に飲んでるの?ナチュラルな感じ」(亜紀さん)
2日近く効くということでドキドキしていたけど、ずっとビンビンになるというわけではなかったので、一安心。ドラッグ的な硬度ではなく、いつもよりちょっと硬いかな? という程度。ふだん使いにピッタリという感じでした!(8点)

「長い効き目のお陰で思わぬ“副作用”も」(雄哉さん)
副作用を感じさせる現象は一切なく、ナチュラルな雰囲気を醸しつつも、チンコにはしっかり芯が入っているという、縁の下の力持ち的な仕事ぶり。効き目が長く、翌朝電車内のOLに欲情して勃起。痴漢冤罪一歩手前だった(7点)

ED治療専門医療機関として間もなく10年を迎えカルテ数は優に1万枚を越える当院だが、「ドラッグ的な硬度」という表現は初耳なので興味深い

※調査結果はと採点は服用者の主観に基づくものです

<取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

引用元: 週刊SPA!「勃起薬トップ3の効果と感度」を30代カップルがガチで大調査!」

個人的な見解としては話半分、こういう感想を持つカップルもこの世には存在するのかもしれない程度に留めておくべきと考える

以上。