社会現象にまでなったED治療薬「バイアグラ」、米当局は偽造品に警告

バイアグラ(写真)の偽造品には有害な成分が含まれている危険性がある Viaframe-Corbis/GETTY IMAGES

今年3月27日、バイアグラは20回目の「誕生日」を迎えた。

米食品医薬品局(FDA)に認可されて20年が過ぎたのだ。
その間、多くの男性がこの勃起不全治療薬を服用。年平均で約15億ドルの売り上げを記録している。

バイアグラは社会現象として世界で大人気を得た。
ラップの歌詞やテレビのバラエティー番組、映画にも登場し、10年の映画『ラブ&ドラッグ』では「主役」にもなった。

世の常として、有名になると偽造品が続々と出現する。
オンラインや街角の店で売られる性的機能強化サプリメントは、処方箋がなくても買える。

こうしたサプリは「天然」成分という触れ込みだが、FDAは警戒を強めている。多くの製品には、勃起不全治療薬で使われる成分をひそかに模倣した物質、時にはそれらを有害な形に改変した物質が含まれる。もちろんFDAの規制違反だ。

FDAはこうした製品の製造・販売ルートを追跡してきたが、そこでは当局の「能力不全」があらわになるばかりだった。

勃起を引き起こす成分の中でも、バイアグラの有効成分シルデナフィルは偽造しやすいと、シンガポール国立大学の薬理学者コー・フィー・リン氏は言う。

しかしシルデナフィルは特定の薬と併用すると、危険なレベルの低血圧などの副作用を引き起こす可能性がある。
しかも、この成分を含むサプリを服用した後に心臓発作で死亡しても、誰もサプリが死因だとは思わない。シルデナフィルの模倣物質として記載されていないためだ。

FDAで非処方薬と健康詐欺部門を統括するブラッド・ペースによれば、非表示成分を含む薬の追跡は不可能なことが多い。
世界中の流通業界や卸売り、小売業者を追う羽目に陥るからだ。

当局とのいたちごっこ

もちろんFDAの取り締まりは、ある程度の成功を収めている。
11年には、性的欲求の高進や体重減少を目的とする有害なサプリを販売していたノバケア社の社主が、製品に関する6件の重罪で告発され、懲役3年の判決を受けた。
16年にもサプリメーカーのオーナーが、詐欺罪で懲役6カ月の判決を受けている。

だが、ある企業が摘発されると、すぐに別の企業が穴を埋める。
昨年11月、FDAは十数種の偽造品について消費者に警告を発した。
郵便局に到着した疑わしい国際郵便を調べる調査では、ラベルで性的能力強化をうたう119種の製品が見つかり、そのうち95種には表示されていない成分が含まれていた。

アメリカでは昨年末にシルデナフィルのジェネリック医薬品が発売された(日本では14年)。
これが偽造品の売り上げに打撃を与える可能性はある。
バイアグラは1錠当たり約70ドルだが、ジェネリック薬なら25ドルほど。消費者は疑わしいサプリに手を出さなくなっていくだろう。
合法的な薬なら成分はラベルに表示されている。

偽物がすぐに消えるわけではないから、対処「不能」な状況はまだしばらく続きそうだが。

[2018年4月24日号掲載]
著者:ケイト・シェリダン

引用元:News Week 日本版20歳になったバイアグラ、偽物にこれだけのリスク